私たちが目指すものは「将来の仕事を創り出す力」

子どもたちが「遊び」ながら身につける1つ1つのスキルや経験。

私たちが目指すことは、これがいつか社会に役にたつ「かもしれない」ということを

イメージしてもらうこと。夢や目標の形は色々あっていいし、年代と共に変わってもいい。具体的に出来る事から子ども自らがイメージすることが大切だと考えています。
その為には世の中のオトナ達(私たち含め)は、一所懸命、知恵を尽くし「遊び」と「学び」に向き合い、学校教育では手の届かない領域に対峙し、心を込めてコンテンツ開発を行うと共に「経験する」という「機会」を提供していくこと。
面白そうだからという理由で十分だ。「楽しめる」し「諦めない」。

出来るようになれば「好きになる」

好きなことが具体的に分かってくれば「もっと~したい」とイマジネーションが働く

その目標に到達するためには、どれぐらいの困難があるか、子どもなりにリスクを考えながらも少しずつ身に付くスキルを知っていく。

日本の学校教育の目指すところもアクティブ・ラーニングやプロジェクト・ベースド・ラーニングなど従来の教育の姿が変わろうとしています。それは社会の変容が若者に求める姿。いろんな生き方があって良く、学歴やキャリアを目指す事も大切。だけど私たちが目指す所は「将来の仕事を創り出す力」をサポートすること。誰でもチャレンジ出来る事。具体的に出来るスキルを身につけた「自信」を持つ子どもは強い。状況に応じて自分で目標を設定していくだろうし、きっと「夢や目標」を描いていくことだろう。
子どもたちと「知恵比べ」。そんな共に学び合える共育環境を地域で作ってまいりたいと考えております。

子どもたちが「遊び」ながら身につける1つ1つのスキルや経験。

私たちが目指すことは、これがいつか社会に役にたつ「かもしれない」ということを

イメージしてもらうこと。夢や目標の形は色々あっていいし、年代と共に変わってもいい。具体的に出来る事から子ども自らがイメージすることが大切だと考えています。
その為には世の中のオトナ達(私たち含め)は、一所懸命、知恵を尽くし「遊び」と「学び」に向き合い、学校教育では手の届かない領域に対峙し、心を込めてコンテンツ開発を行うと共に「経験する」という「機会」を提供していくこと。
面白そうだからという理由で十分だ。「楽しめる」し「諦めない」。

出来るようになれば「好きになる」

好きなことが具体的に分かってくれば「もっと~したい」とイマジネーションが働く

その目標に到達するためには、どれぐらいの困難があるか、子どもなりにリスクを考えながらも少しずつ身に付くスキルを知っていく。

日本の学校教育の目指すところもアクティブ・ラーニングやプロジェクト・ベースド・ラーニングなど従来の教育の姿が変わろうとしています。それは社会の変容が若者に求める姿。いろんな生き方があって良く、学歴やキャリアを目指す事も大切。だけど私たちが目指す所は「将来の仕事を創り出す力」をサポートすること。誰でもチャレンジ出来る事。具体的に出来るスキルを身につけた「自信」を持つ子どもは強い。状況に応じて自分で目標を設定していくだろうし、きっと「夢や目標」を描いていくことだろう。
子どもたちと「知恵比べ」。そんな共に学び合える共育環境を地域で作ってまいりたいと考えております。